三鷹の歯科、歯医者のヒロコファミリー歯科のインプラントについてのページです

  • 武蔵境駅・三鷹駅よりバス
  • キッズルーム完備
  • 保育士在籍

0422-39-3133

インプラント

当院の特長

高い技術を持った専門医によるインプラント治療

当院でのインプラント治療は、東京医科大学の口腔外科医が担当します。
通常は大学病院や総合病院でしか受けられない質の高い治療がヒロコファミリー歯科でお受け頂けます。

難しい症例も可能です

インプラントは顎の骨に人工の歯根を埋め込むため、その骨量が十分にあるかどうかが問題となります。
骨量が不足している方でもインプラント治療ができるよう、当院では様々な処置(骨移植・骨造成)を行っております。

また、既に総入れ歯をお使いの方や多くの歯を失くされた方も、従来の方法では全ての歯に人工歯根を埋め込む事が困難で、インプラント治療を行う事ができませんでしたが、最新技術のAll-on-4・6により可能となりました。

All-on-4・6について詳しくはこちら

麻酔科医によるセデーション

インプラント手術は、歯科医師だけではなく麻酔科医とチームを組んで治療を行います。
麻酔科医による静脈内鎮静・静脈麻酔薬などを用いた治療(セデーション)は全身麻酔とは違い、痛みだけを取り除いた方法ですので不安や恐怖心が取れ、うたた寝しているような、とてもリラックスした状態で治療をお受け頂けます。

インプラント治療後すぐに仮歯が入れられます

通常、埋め込んだインプラントが骨と結合するまで数ヶ月間の安静期間を置きますが、即時荷重インプラントでは手術をしたその日に仮歯を入れる事が出来ますので、見た目が気になったり、日常生活に困る事もありません。
※即時荷重は症状によりお受けできない場合がございます。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

他の治療との違い

歯を失ってしまった場合、 これまでは「ブリッジ」や「入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)」が代表的な治療法でした。ここでは「入れ歯」など用いた従来の治療と、インプラント治療の違いについてご説明します。

従来の治療 インプラント
歯を一本
失った場合
従来の治療ブリッジ失った部位の両隣の歯を削り、義歯のブリッジをかぶせて固定する方法です。 インプラントインプラント歯のない部分にのみ人工の歯根(フィクスチャー)を埋め込み、歯(歯冠)を取り付けます。
歯を数本
失った場合
従来の治療部分入れ歯失った部分の歯の両隣の歯に留め金をかけて義歯を固定します。 インプラントインプラント失った部分の歯の数のインプラントを埋めます。
歯を全部
失った場合
従来の治療総入れ歯歯肉の上から、歯肉を覆うように作られた義歯を被せます。 インプラントインプラント数本のインプラントを埋め込み、入れ歯を顎の骨に固定させます。
メリット 従来の治療
  • ・一般的で簡単に治療を受けることができる
  • ・保険が適応されるものもある
  • ・ブリッジは固定式のため、装着しても違和感があまりない
インプラント
  • ・自分の歯のようにしっかり良く噛める
  • ・違和感がない
  • ・見た目が自然
  • ・隣歯への負担がない
デメリット 従来の治療
  • ・隣歯への負担が大きい
  • ・発音に問題がでる場合がある
  • ・歯の抜けた部分の骨がヤセていき、その都度装置の調整が必要
  • ・食べ物が挟まり、口の中が不衛生になりやすい
  • ・入れ歯の場合、見た目や装着に違和感を感じたり、固い食べ物に苦労する場合がある
インプラント
  • ・手術が必要
  • ・治療期間が長い
  • ・全身や歯周組織に問題がある場合など、治療ができない場合がある
  • ・保険が適応されない
  • ・入れ歯やブリッジに比べ費用が高額

※治療費は、症状や治療法、インプラントの種類などで異なります。詳細は直接医師にご相談ください。
尚、インプラント治療の費用は医療費控除の対象となります。

このように、インプラントの魅力は、周りの健康な歯を傷つけずにきれいな歯を手に入れることができ、さらに従来の入れ歯やブリッジとは違って、違和感や異物感に悩まされることなく、しっかりと噛める、自然で美しい「歯」を手に入れることができます。

All-on-4・6

ALL-on-4・6とは、総入れ歯や多くの歯を失ってしまった方の為の最新のインプラント治療法です。 従来の治療法だと、総入れ歯の方では8~10本のインプラントを埋め込む必要がありましたが、ALL-on-4・6では4本(または6本)のインプラントで済むため、手術費用や体への負担が軽減されます。 また、インプラント手術をしたその日に仮の歯を固定することができるため、すぐに食事や会話を楽しむ事が出来ます。

最新のインプラント治療ALL-on-4・6とは

ALL-on-4・6は、4本(または6本)のインプラントを埋め込み、そこに人工歯を固定するという治療方法です。
最新の技術を用いて手術を行い、必要最小限の数だけインプラントを埋め込む為、患者様の費用、術後の腫れ、治療時間の面での負担を軽減する事が可能です。

  • ALL-on-4
  • ALL-on-6

インプラントが難しかった方でも治療が可能に

今までは骨量が少ない方の場合、骨移植や骨造成を行わないとインプラント治療は出来ませんでした。
ALL-on-4・6では、骨量の多い部分に支柱となるインプラントを埋め込むため、骨移植・骨造成の必要なくインプラント治療を行う事が出来ます。
治療が困難でインプラントをあきらめていた方でも、ALL-on-4・6なら治療が可能です。
※症状によりお受けできない場合がございます。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

インプラントと総入れ歯の違い

インプラントは総入れ歯と大きさや形が違います。インプラントには口蓋や歯肉に覆いがない為、お口の中が乾燥しやすくなる原因が少なく、快適に使用していただく事が出来ます。
また、インプラントは顎の骨に埋め込むので取り外す必要もなく、天然の歯のようにお食事や会話を楽しんでいただけます。

  • 総入れ歯
  • インプラント

ALL-on-4・6の特徴

  1. 01

    インプラントの本数が少ないため費用負担が軽減

  2. 02

    治療したその日から食事や会話が可能

  3. 03

    手術時間が短く、術後の腫れも少ない

  4. 04

    骨量が少ない方も治療が可能

症例紹介

症例1

  • 症例1
  • 症例1
  • 症例1

60代女性の患者様です。違和感を持ちながらも、長年入れ歯で過ごしてこられましたが、今回インプラントを2本入れることで、動かない入れ歯の装着が可能となりました。長野出身の方で、「入れ歯の時は食べられなかった念願の野沢菜が食べられてうれしい!」と、大変喜んでいただきました。また、2本だけなので費用も抑えることができました。

症例2

  • 症例2
  • 症例2

50代の患者様です。
ご自身の歯根が割れてしまい、抜くことになりました。元々ブリッジをされていたので、再度ブリッジができると思っていたとのことですが、一番奥なのでブリッジは不可能でした。入れ歯という選択肢もあるとのご説明をいたしましたが、よく噛めるようにしたいとのことで、インプラントを2本で3本繋げた歯を入れました。

症例3

  • 症例3
  • 症例3

症例4

  • 症例4
  • 症例4

症例5

  • 症例5
  • 症例5